「空間除菌」を謳う商品についての注意喚起がありましたので共有したい!

二酸化塩素による肺の炎症、慢性気管支炎に注意してください。

いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。


除菌について調べていたときに、空間除菌についてのニュースを発見しました。
アメリカのニュースなのですが、ニューヨーク州で新型コロナウイルスを除去する「空間除菌剤」を販売していた男女が逮捕されたというものです。

NY市、新型コロナ除菌カードの販売業者を逮捕

2020-11-10

 

ニューヨーク州東部地区の連邦検事局は10日、効果が実証されておらず、政府に登録されていない製品を、新型コロナウイルスを除去する「空間除菌剤」として販売していたクイーンズ在住の男女2人を逮捕したと発表した。

 

逮捕されたのは、JCDディストリビューションのPo Shan Wongゼネラルマネージャーと、Zhen Wuセールスマネージャー。2人は、環境保護庁(EPA)に登録されていない不良品または不正商標表示の殺虫剤の流通および販売を企てた疑いで、起訴された。有罪の場合、最大1年間の禁固刑を科せられる可能性がある。

 

2人が販売していたのは「ウィルス・シャット・アウト」(Virus Shut Out)という商品名のカードで、パッケージには日本語で「ウイルス除去・除菌、首にかけるだけの除菌ブロッカー、安心の日本製」と記載されている。

 

<中略>

 

当局の発表では、商品はウイルスの防止や治療に効果的だと実証されていない。またEPAが商品をランダムに検査したところ、大気中で水蒸気と二酸化炭素に触れた際、二酸化塩素に変化するのに十分な量の亜塩素酸ナトリウムが含まれていることが分かった。高濃度の二酸化塩素を吸い込むと、呼吸困難になったり、鼻や喉、肺の炎症、慢性気管支炎を引き起こしたりする可能性があるとしている。

 

<以下略>

こちらの商品ですが、首にかけて使用し、空間を除菌できるというものなのですが、除菌剤として使用されているのが「二酸化塩素」という化学物質になります。

 

「二酸化塩素」は強力な酸化剤であり、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)の約2.5倍の酸化作用があり、記事にもある通り、眼や呼吸器系の粘膜を刺激して喘息などの原因となる危険性があります。
(※二酸化塩素について詳しくはこちらのホームページでご覧ください。)

 

そしてこの商品、日本国内でも大手のECサイトで販売中となっておりますが、パッケージ裏に記載されているメーカーのホームページを見てみると、「■【ご注意】「ウイルスシャットアウト」の偽造品につきまして」というタイトルで注意喚起がなされておりました。

 

本家メーカーとしては「弊社は、「ウイルスシャットアウト」を製造し、主に実店舗向けの製品として販売していましたが、既に令和2年3月までに製造及び販売を終了しました。」とあり、すでに廃盤となっている商品です。

 

現在大手ECサイトで販売されているものが本家メーカー商品の在庫処分のものなのか、模造品なのかは判断できませんが、「空間除菌」として首にかけて使用しているものから、次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等)の約2.5倍の酸化作用がある物質が出ているのは問題ではないかと思います。

 

除菌効果だけではなく漂白効果もありますので、呼吸器への影響以外にも衣類が痛むこともあると思います。
次亜塩素酸水ですら人体への影響が危惧されるためWHOは空間噴霧を推奨していないのに、噴霧とはいかないまでも二酸化塩素を空気中にまき散らすのはいかがなものかと思います。

 

健康被害だけでなく、メーカーさんにも迷惑がかかる模造品であることも含め、このような商品の流通は止めていただきたいものです。