新型コロナウイルスにおけるマスクについての研究結果が感染症専門家よりまとめられました

飛沫の実験結果をもとにウレタンマスクに警鐘を鳴らしました

いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスにおけるマスクの効果って気になりますよね。
そんな気になる方々に必読していただきたいマスクの効果が実験によってまとめられていました。

感染症専門家 ウレタンマスクに警鐘 飛沫の実験結果もとに
2021/07/06/18:18
国立病院機構仙台医療センター・ウイルスセンター長の西村秀一氏が6日、
テレビ朝日系で放送された「羽鳥慎一モーニングショー」にリモートで生出演。
新型コロナウイルスとマスクについて研究成果をもとに、意見を述べた。

CDC(米疾病対策センター)でインフルエンザ研究後、帰国。
国立感染症研究所を経て、2000年から現職の西村氏。
感染力が強いとされるデルタ株(インド型変異株)が猛威をふるう中、
咳やくしゃみ、会話などからウイルスを含んだ飛沫が排出され、
空気中を漂い続けることによるエアロゾル感染への注意を喚起した。

新型コロナについて「ウイルスを吸い込んで感染するリスクがすごく高い。
上気道に感染すれば風邪に似た症状が、下気道に感染すれば重症化リスクが高くなる」とした。

また、自身の研究室で、6種類のマスクを使い、素材を通過する粒子の数を測定したエアロゾル除去性能の実験を行ったことについても言及。
(1).N95、医療用サージカルマスク、不織布では、大きな飛沫では差がほとんどない
(2).布、ガーゼ、ポリエステルでは、不織布に比べ大きく効果が落ちる
(3).ウレタンの除去性能はほかと比べ、効果がかなり低い–との結果を改めて説明した。
(以下略)

ウレタンマスクの除去効果は30~40%となっていますが、
実測してみると1%以下の効果しかなく、除去性能は他と比べてかなり低いことが分かります。

街中でも不織布マスクを見ることが多いですが、中にはウレタンマスクを着けている方も多いので、
そのような方には不織布マスクの上にウレタンマスクで二重にするなどの対応をお願いしたいです。

最近ではワクチン接種券が筆者にも届いたように、ワクチン接種のスピードが上がっています。
しかし、ワクチン接種後に安心してマスクを外してしまうと感染リスクを上げてしまうので、
コロナ禍ではまずマスクを必ず身に着け、感染予防対策を徹底しましょう。