記事

国内最大級の感染症の肝炎とはどのようなものなのか…。

本日7月28日の「世界肝炎デー」から肝炎について いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 本日、7月28日は「世界肝炎デー」ということなので、 国内最大級といわれる感染症の肝炎についてまとめら …

国内最大級の感染症の肝炎とはどのようなものなのか…。 もっと読む »

新型コロナに感染後、嗅覚に異常を感じた20代と30代がおよそ7割いるようです

嗅覚が改善されるには1~2年かかる可能性も いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 東京以外の都市が緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除された中、 金沢医科大学の三輪教授らの研究班が新型コ …

新型コロナに感染後、嗅覚に異常を感じた20代と30代がおよそ7割いるようです もっと読む »

異種コロナワクチン混合接種が危険な傾向であるとWHOよりまとめられました

異種コロナワクチン混合接種は危険なトレンドなので避けるよう提言 いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナワクチンの数が増え、接種件数も増えてきている中、 WHOより、新型コロナワクチ …

異種コロナワクチン混合接種が危険な傾向であるとWHOよりまとめられました もっと読む »

新型コロナウイルスにおけるマスクについての研究結果が感染症専門家よりまとめられました

飛沫の実験結果をもとにウレタンマスクに警鐘を鳴らしました いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルスにおけるマスクの効果って気になりますよね。 そんな気になる方々に必読していた …

新型コロナウイルスにおけるマスクについての研究結果が感染症専門家よりまとめられました もっと読む »

アメリカの接種率向上へハンバーガーチェーンでワクチン接種が開始されました

接種向上に向けてのアメリカの取り組みについて いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。 日本でもアメリカでも若年層のワクチン接種率の向上が課題となっている中で、 とても面白く、どの年代の方にも興 …

アメリカの接種率向上へハンバーガーチェーンでワクチン接種が開始されました もっと読む »

新型コロナウイルス感染拡大がもたらす、女性の生活に対する深刻な影響とは

感染症拡大を機にあぶり出された女性を取り巻く様々な課題について いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 現在では男女平等社会になりつつありますが、やはりまだまだ男女差別があると感じる瞬間が …

新型コロナウイルス感染拡大がもたらす、女性の生活に対する深刻な影響とは もっと読む »

マダニ感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は人間だけではなく、ペットにも注意

獣医師会によるマダニ感染症の診断・対応マニュアルについて いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 外出をしたときに草木があるようなところにどうしても行かないといけないことありますよね。 そ …

マダニ感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は人間だけではなく、ペットにも注意 もっと読む »

新型コロナワクチンの接種でアナフィラキシーの発生が日本で多い理由は?

海外との発生頻度はどこに差があるのか いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 日本でファイザー社製の新型コロナワクチンが2021年3月11日までに約18万回接種されていますが、 効果がある …

新型コロナワクチンの接種でアナフィラキシーの発生が日本で多い理由は? もっと読む »

新型コロナワクチンを1回目は米ファイザー、2回目は英アストラだと副反応リスクがあるのでは?と英オックスフォード大学准教授のMatthew Snape氏らが発表

どのような副反応の生じるリスクがあるのか いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について我々は何も知りませんよね。 専門家や報道ではワクチン接 …

新型コロナワクチンを1回目は米ファイザー、2回目は英アストラだと副反応リスクがあるのでは?と英オックスフォード大学准教授のMatthew Snape氏らが発表 もっと読む »

感染力が強いコロナ変異株は1つの「密」でも要注意が必要。またマスクは不織布着用をと鹿児島大学・西教授の発表

変異株に対してはどのような対策が必要なのか。 いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 英国株だけではなく、インド株はより一層感染力が高いため、多数がワクチン接種を受け、 集団免疫を獲得する …

感染力が強いコロナ変異株は1つの「密」でも要注意が必要。またマスクは不織布着用をと鹿児島大学・西教授の発表 もっと読む »