5~11歳の子どもに向けてのワクチンの効果と安全性をファイザーが発表

今後は5歳以下のデータも年内に発表するとのこと

いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染がここ最近はどこの都道府県も落ち着いてきており、
ワクチン接種の効果が出ている中で気になる記事が出ていました。

ファイザーが5〜11歳のワクチンの効果・安全性を確認。5歳未満のデータも年内に
2021/09/21/14:00

新型ウイルス感染症(COVID-19)のmRNAを開発する、アメリカのファイザーとドイツのビオンテックは、9月20日、
臨床試験を実施していた5歳から11歳の子どもに対するmRNAのワクチンの第2/3相臨床試験によって、
中和抗体の増加や安全性が確認できたと発表した。

今後、ピアレビューされた論文として提出することはもちろん、
FDA(アメリカ食品医薬品局)や EMA(欧州医薬品庁)を始めとした世界の規制当局に対して、
出来る限り早く結果を提供することを計画しているという。

なお、5歳未満の子どもに対する臨床試験の結果についても、
2021年の第4四半期(10〜12月)には公開したいとしている。

投与量3分の1でも成人と同等
ファイザーとビオンテックは2021年3月から、
生後6カ月から11歳までの子どもを対象としたCOVID-19用のmRNAワクチンの臨床試験を実施していた。

この試験に登録された子どもの数は約4500人。
今回、そのうちの5歳から11歳、約2300人に対する結果がまとめられたことになる。

臨床試験では、16歳以上の大人に対するファイザー・ワクチン接種と同様に、3週間間隔でワクチンを2回接種。
ただし、接種するmRNAの量は慎重を期して大人用ワクチンの3分の1にあたる10マイクログラムと少量に設定されていた。

ファイザーのプレスリリースによると、参加者は2回目の接種から約1カ月後に強い免疫応答が認められたという。
なお、副反応は16〜25歳に対する臨床試験(30マイクログラム接種)とおおむね同等だったという
(副反応の詳細は9月21日時点では不明。データが公開され次第、詳報する)。

アメリカ小児学会によると、9月9〜9月16日の間に新型コロナウイルスに感染した患者の約26%が子ども。
COVID-19のパンデミック禍での累計感染者の中での子どもの割合が、
全体の約16%であることを考えると、直近で子どもの感染事例が増えていた。

ファイザーのプレスリリースでも、7月以降、
アメリカでは小児の感染者が240%増加しているとされており、子どもの間での感染予防の必要性が考えられていた。

<以下略>

記事にも書かれている通り、日本では12歳未満のワクチン接種が疑問視されており、
子どもにはワクチン接種を推奨しないということになっていますが、
もちろんワクチン接種を必ずしたからといっても新型コロナウイルスに感染しないということはありません。

しかし、ワクチン接種をすることにより重症化することを抑えることができますし、
大切な人を危険な目に合わせないということにも繋がると思います。

でもワクチン接種したからといって安心するのではなく、
改めてうがい・手洗い・消毒などの感染予防対策を強化しましょう。