明治神宮が大晦日から元旦にかけての終夜参拝中止しましたが、他の神社は?

明治神宮の終夜参拝中止と関東圏の終夜運転全面自粛について

いつも弊社ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
12月20日のニュースで明治神宮の大晦日から元旦にかけての終夜参拝中止が発表されました。

明治神宮、大みそかから元旦の終夜参拝中止 31日は16時に閉門、元日は6時から

2020年12月20日 12時15分

「分散参拝」の協力を呼びかけ。

2020年の3が日だけで約318万人が訪れた

 

 明治神宮(東京都渋谷区)は、大みそかから元旦にかけての終夜開門を取りやめ、参拝は元日は6時からとすると発表した。

 

 おおみそかは例年であれば、終日参拝できていたが、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を熟慮し、31日は16時で閉門する。元日は6時から開門し、18時30分ごろまで。2日と3日は6時40分に開門し18時ごろまで。4日は6時40分に開門し、17時30分ごろで閉門する。なお5日以降は6時40分に開門し、16時20分で閉門するとしている。

 

<以下略>

毎年多くの参拝者が訪れる明治神宮ですからね。半端な対策では密を防げないという判断なのだと思いますが、神社としては一年で一番の稼ぎ時と言える初詣に制限を付けるのは断腸の思いだったことでしょう。

 

ただこちら、日が昇った後ですが明治神宮の初詣。外とは言え、密すぎて怖さしかないですね。

2020年元旦 明治神宮

関東圏も終夜運転を全面自粛…関西圏では臨時列車や終電延長も中止へ

2020年12月18日(金)17時45分

 

JR東日本、京浜急行電鉄(京急)、京王電鉄(京王)、京成電鉄(京成)、東京地下鉄(東京メトロ)、東京都交通局、東京臨海高速鉄道は12月18日、本年末年始の終夜運転を中止すると発表した。

 

東京都では連日のように新型コロナウイルスの陽性者数が過去最高を記録しており、人の移動が多くなる年末年始における危機感から、小池百合子知事は12月17日に「年末年始コロナ特別警報」の発出を宣言。その前日には、隣接する埼玉・千葉・神奈川の3県と共同で、終夜運転を予定している鉄道会社と国に対してその中止を要請したことを明らかにしている。

 

<以下略>

東京を中心に埼玉・千葉・神奈川の3県と共同ということですので、東京の有名な神社に集まる隣接県からの移動を完全に止めた形となっています。

 

明治神宮は完全に夕方で閉門することを発表されていますが、他の神社については祈祷時間を発表され分散参拝をお願いしているのみに留まっています。

 

とは言え、鉄道各社が終夜運転を全面自粛している以上は人の移動自体に制限がかかっておりますので、深夜の参拝は減ることは間違いありません。

 

新型コロナウイルスにより例年とは違う年末年始の過ごし方をしなければなりません。
実家への帰省もせずに自宅で過ごすという選択肢を選ばれている方も多いとは思います。

 

それでも年末年始は通常よりも多くの人と接触する機会が増えるでしょうし、大きな神社ではいつも以上に密が発生することでしょう。

 

関西圏ではコロナウイルス対策として終夜運転の代わりに予定していた終電延長や臨時列車運行も中止する動きが広がっています。
恐らく大都市圏以外でも同じような動きが広がることでしょう。

 

2019年年末から2020年正月には想像もしていなかった新型コロナウイルスによる日常生活の崩壊を元に戻すために、弊社は日々邁進していきます!

みなさんの暮らしに安心と安全をもたらし、コロナ禍の終焉を見るまでは前進あるのみです!

 

店舗内、施設内、屋内の除菌と抗菌コーティングならお任せください!

遠方の実家にお住まいのご両親への贈り物としてもご利用いただいております。