市販の『抗原検査』キットの安易な使用は感染拡大を招く可能性

井上特命担当大臣が『自己判断で感染の有無を調べる目的で使用しないよう注意が必要』と注意喚起。

いつも弊社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

皆さんはネットやドラッグストアなどの店頭でよく見る『抗原検査』キットを使用したことはありますか?

最近では様々なショップで販売されている『抗原検査』キットですが、宮崎県では『抗原検査』キットの自動販売機があったり、なんと異業種のDVDショップにも販売されていたりします。

これら市販されている抗原検査キットについての注意喚起がありました。

「非常に危険」ネットや小売店に出回る新型コロナ『抗原検査』キット 国が承認したものは市販されない
2021年4月12日 月曜 午前6:00

店頭の目立つ場所に並ぶ新型コロナの検査キット。陽性か陰性か、ごく短時間で結果が出るとされている。
しかし抗原検査キットの安易な使用は感染拡大を招くリスクを孕んでいた…

国承認の抗原検査キット 販売先は自治体や医療機関限定
自治体で進む検査キットを活用した取り組み。
福岡・古賀市を取材した。通されたのは…

古賀市役所・長﨑英明さん:
こちらです。1000個分入っている。薬事承認を受けた抗原検査キットです

2021年3月に届いた新型コロナの『抗原検査』のキット。
古賀市は国が薬事承認したこのキットを医療機器メーカーから調達した。

古賀市役所・長﨑英明さん:
PCR検査の場合は、検体を取った後に郵送して特殊な機械でそれを測るが、これは約15分でその場で判定が出る。あと割と安価。(値段は?)1回、3000円程度」

抗原検査はウイルス特有のタンパク質を調べる検査法で、PCR検査と同じく『今、感染しているか』を確認できる。

古賀市は、キットを今後、感染者が出た高齢者施設や学校などに無料で配布。濃厚接触者に該当しない職員でも検査できる体制を整えたい考えだ。

古賀市役所・長﨑英明さん:
感染者が出た施設で検査を受けられなかったが、働かなければならない。その際の不安感を解消するため購入した

国は現在新型コロナの診断用として抗原検査キット19種類を承認しているが、販売先は古賀市などの自治体や医療機関に限定されている。

<以下略>

記事にある通り、そのような市販で出回っている分は、国が承認していないものが多く、基本的には中国製か韓国製で、医療目的以外の雑貨という意味合いで販売されているようですが、わずかな時間で陽性か陰性か結果が出るので、医療機関や保健所を圧迫することを大きく減らすことができるというメリットがあります。

だからといってわずかな時間で陰性が出たとしても、油断は禁物です。
やはり素人が検査してしまっているためミスをしている可能性もあります。

陰性だったからと安心感が出てしまい、自分は感染していないと勘違いし出歩いてしまうことにより、かえって新型コロナの感染拡大を広めてしまうというデメリットもあります。

それであれば国が承認した抗原検査キットを使用したほうがいいと思いますが、しかし、薬事承認された検査キットは自治体や医療機関限定で共有されているため、市販はされていないのです。

個人的に行った検査を保健所等に持ち込んでも再度検査となってしまいますので、症状が出ているのであれば専門の病院や保健所に最初から行って検査を受けたほうが安心できます。

自分の体調ややり方に過信せず、ちょっとでも体調に不安があれば医師の診断は受けましょう。

井上特命担当大臣が述べている通り、『自己判断で感染の有無を調べる目的で使用しないよう注意が必要』ですね。